お客さま本位の業務運営の基本方針


当行は、経営理念のひとつとして掲げている「お客様に親しまれ、喜ばれ役にたつ銀行をつくる」に基づき、地域金融機関としての社会的責任と公共的使命を認識し、役職員1人ひとりが高い倫理観を持ち、誠実に業務に取り組んでおります。今後もより良い業務運営の実現に向けて以下の基本方針を制定するとともに、取組状況を検証し、この方針の定期的な見直しを行ってまいります。
 
  • 1.お客さまの最善の利益の追求
・お客さまの幅広いニーズに応じられるよう、資産形成に資する金融商品や提供するサービスの見直しに努めます。
・お客さまの資産形成をサポートさせていただく上で、お客さまの利益が不当に損なわれることがないよう適切な対応に努めます。
 
  • 2.お客さまへの重要な情報の分かりやすい提供
・お客さまの知識や経験にあわせ、丁寧な説明と情報の提供に努めます。
・金融商品のご購入後もアフターフォローなどを通じ、きめ細やかな情報提供に努めます。
・お客さまにご負担いただく手数料等について分かりやすい説明を行い、手数料等に見合った付加価値の高いサービスの提供に努めます。
 
  • 3.お客さまへの最適なサービスの提供
・お客さまの金融商品に関する知識や経験、購入等の目的、財産状況等を総合的に勘案して、お客さまのニーズに適う提案に努めます。
・金融商品の内容や仕組みについては、お客さま1人ひとりにご理解いただけるよう分かりやすく説明し、お客さまのニーズやライフステージに応じたサポートに努めます。
 
  • 4.評価体系の整備
・役職員が、業務運営においてお客さまの最善の利益を意識して行動していくための評価制度の整備に取り組みます。
 
  • 5.人材の育成と教育体制の整備
・役職員1人ひとりが金融サービスのプロとして、より質の高い金融サービスの提供を行うことができるよう継続的に教育・研修を実施します。