頭取メッセージ

ごあいさつ

 皆さまには、平素より清水銀行ならびにグループ各社をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

 当期におけるわが国経済は、個人消費が緩やかに持ち直しているなか、好調な企業業績を受けて設備投資意欲が強まっており、雇用情勢につきましても改善傾向がみられるなど緩やかに回復しました。

 当行の主要基盤である静岡県経済につきましても、大、中堅企業の製造業を中心に生産性向上や研究開発関連の設備投資がみられるなど、緩やかな回復基調で推移しました。一方で中小、零細企業の設備投資は慎重な姿勢を維持しております。輸出につきましては、海外経済の緩やかな成長のもとで、自動車や二輪車等は欧州向けを中心に増加するなど増勢を強めており、雇用や所得環境が改善基調となるなか、個人消費につきましても緩やかに持ち直しました。

 こうした環境のなか、当行は、第26次中期経営計画「ADVANCE AS ONE ~地域・お客さまとともに、持続的成長を実現するために~」において、目指すべき姿として掲げた「存在意義の発揮」に向け、金融仲介機能の向上による営業強化に取り組んでまいりました。

 法人のお客さまへの取り組みとしましては、カスタマーイン戦略による法人営業強化、資金供給手段の多様化を目的として、当期において「しみず地方創生ローン」、「しみず地方創生私募債」の取り扱いを拡充しました。平成29年7月には、お客さまの海外展開支援を強化するため、当行初となる海外拠点「バンコク駐在員事務所」を開設しました。また、平成29年9月には株式会社北都銀行と「海外業務連携に係る協定書」を締結し、地域を越えて海外展開する企業の商機拡大や両県の文化の発信を協力して取り組んでいくことといたしました。

 個人のお客さまへの取り組みとしましては、マーケットイン戦略による個人営業強化、非対面チャネルによる顧客接点の拡充を目的として、平成29年4月より「しみずフリーローン」、住宅ローンのお客さま向けに「配偶者がん保障付11疾病団信」、平成29年5月からは個人型確定拠出年金「しみずiDeCo」の取り扱いを開始しました。また、平成29年10月には、SBIマネープラザ株式会社との共同店舗「清水銀行SBIマネープラザ」を開設しました。当行の地域密着型の対面営業の強みとSBIマネープラザ株式会社が有する幅広い金融商品と最先端の金融サービスの融合を図ることで、付加価値の高いサービスを提供してまいります。

 このような取り組みのもと、お客さま一人ひとりのニーズにお応えできるよう、引き続きサービスの充実に努めるとともに、金融機関としての社会的責任を十分に認識し、強固なコンプライアンス態勢の確立と企業価値向上に向けたガバナンス態勢の強化により、持続的な成長を図ってまいります。皆さまにおかれましては、倍旧のご支援、ご愛願を賜りますよう心からお願い申し上げます。

頭取 豊島勝一郎

平成29年10月

取締役頭取 豊島 勝一郎