頭取メッセージ

ごあいさつ

皆さまには、平素より清水銀行ならびにグループ各社をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

昨年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により国内外の経済活動が停滞し、総じて厳しい状況が続きました。感染拡大の防止策を講じつつ、経済活動が徐々に再開していくなかで、製造業を中心に生産が回復し企業収益に一部改善の動きがみられましたが、外食産業や観光産業等のサービス業では依然として厳しい状況が継続しております。個人消費につきましても、外出自粛による生活スタイルや購買行動の変化から一部の業種で回復の動きもみられましたが、感染再拡大の状況により影響が長期化する懸念も出ております。

当行の主要営業基盤である静岡県経済につきましても、全体では厳しい状況が続いておりますが、輸出や生産は一部持ち直しており、業種ごとに異なる動きとなっております。

雇用・所得環境につきましては、労働需給の悪化に歯止めが掛かりつつありますが、先行きは不透明な状況にあります。

金融環境につきましては、日米欧の主要中央銀行は、新型コロナウイルス感染症の世界的流行の影響から金融緩和政策を継続しております。国内長期金利は、日本銀行の「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」のもと0%近辺で推移しました。

このような環境のなか、2020年4月からスタートした第27次中期経営計画「ZENSHIN~架け橋を築く~」において掲げる施策を展開し、行員一人ひとりの力を結集し、お客さまに寄り添いながら、安定的な収益の確保と健全性の向上に取り組んでまいりました。

法人のお客さまへの取り組みとしては、多様化するお客さまのニーズや経営課題にお応えすべく、「ソリューション営業部」を新設しました。「ソリューション営業部」には、事業承継・M&A、ビジネスマッチング、公的補助金、海外進出支援、医療・介護等の専門領域におけるスペシャリストを配置し、地域のお客さまの課題解決に取り組む体制を強化しております。また、地域企業における人材不足等のニーズに対応するソリューションメニューを拡充すべく、有料職業紹介事業の許可を取得し、人材紹介業務を行うことが可能となりました。

個人のお客さまへの取り組みとしては、お客さまの負担を軽減すべく、預金口座解約手続きの一部において印鑑不要としたほか、ATMへのタッチパネル用抗ウイルス・抗菌フィルムの導入により安心してご来店いただける店舗づくりに努めました。また、2020年6月に取り扱いを開始した非対面で完結するローン商品「しみずWebオートローン」、「しみずWeb教育ローン」につきましては、お客さまに大変ご好評いただいており、取扱件数を拡大しております。

SDGs・CSRに資する取り組みとしては、地域の豊かな自然を守り、グリーン社会を実現するため長年継続している世界遺産三保松原および静岡市清水区清地の当行保有林における環境保全への取り組みが認められ、しずおか未来の森サポーター「功労表彰」を受賞いたしました。また、当行が私募債の発行企業から受け取る手数料の一部をSDGs達成に取り組む団体等へ寄贈する「地方創生私募債」は、2021年3月末時点で、累計の引き受け件数は190件、発行金額は152億円を突破しました。

こうした取り組みにより、お客さまにご満足いただけるサービスの充実を図ってまいりました。

今後も金融機関としての社会的責任を十分に認識し、強固なコンプライアンス体制を構築するとともに、企業価値向上に向けたガバナンスの強化を図ってまいります。株主の皆さまや地域の皆さまの信頼と期待にお応えすべく、行員一人ひとりの感応力を高め、力を結集し、変革への挑戦と実践に取り組んでまいります。皆さまにおかれましては、倍旧のご支援、ご愛顧を賜りますよう心からお願い申し上げます。

頭取 岩山靖宏

代表取締役頭取 岩山 靖宏