安価な売買手数料は業界屈指!SBI証券でお得にネットで資産運用を始めませんか? 安価な売買手数料は業界屈指!SBI証券でお得にネットで資産運用を始めませんか? 今ならPontaポイント3,000ポイントプレゼント 詳しくはこちら
SBI証券の口座開設(口座開設料・管理料 無料)はこちら

SBI証券が選ばれる4つの理由!

業界屈指の格安手数料!豊富な投資信託をラインナップ!業界随一のマーケット情報!高機能なトレーディングツールを提供! 業界屈指の格安手数料!豊富な投資信託をラインナップ!業界随一のマーケット情報!高機能なトレーディングツールを提供!

※比較対象範囲は、主要ネット証券5社との比較となります。「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します。(2016年9月末現在、各社公表資料等より、SBI証券調べ)
※国内株式の委託個人売買代金シェアは、2017年3月期上半期(2016年4月~2016年9月)基準
※顧客満足度ランキングは「2016年オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」より

清水銀行×SBI証券

ネット証券総合評価No1のSBI証券の取り扱う商品ラインナップが取引可能で、
売買手数料もSBI証券と同じ金額で取引きいただけます。
※当行を経由して口座開設をされたお客さまの売買手数料は、インターネットコースの手数料となります。

SBI証券の特徴はこちら
SBI証券の商品力とサービス力に加えて地方銀行ならではの安心感をご提供! SBI証券の商品力とサービス力に加えて地方銀行ならではの安心感をご提供!
  • 清水銀行のインターネット支店が口座開設までの流れを無料でサポート。親切・丁寧にご説明します。
  • 清水みなとインターネット支店 フリーダイヤル 0120-43289-3清水みなとインターネット支店 フリーダイヤル 0120-43289-3

その他個別商品等についてのお問い合わせ先

SBI証券コールセンター 0120-104-214(年末年始を除く平日の9:00~17:00)
携帯電話・PHSのお客様はナビダイヤルをご利用ください。0570-550-104
(ナビダイヤルは携帯電話・PHSから20秒10円(税抜)の通信料がかかります。)

「SBI証券で投資信託10万円以上または積立投資信託1万円以上ご購入」+「清水みなとインターネット支店 専用定期預金(Bon Voyage)を10万円以上お預入れ」のお客様にもれなくSHIMIZU With CardへPontaポイント3,000ポイントプレゼント! 「SBI証券で投資信託10万円以上または積立投資信託1万円以上ご購入」+「清水みなとインターネット支店 専用定期預金(Bon Voyage)を10万円以上お預入れ」のお客様にもれなくSHIMIZU With CardへPontaポイント3,000ポイントプレゼント!

対象条件

①清水銀行HPよりSBI証券で口座開設し、投資信託10万円以上または積立投資信託1万円以上をご購入いただいた方
②清水みなとインターネット支店専用定期預金を10万円以上お預入れいただいた方
SHIMIZU With Cardをお持ちの方または期限内にSHIMIZU With Cardのお申込をいただいた方
(※SHIMIZU With Cardの申込審査が否認になった方は対象となりません。)

プレゼント内容 上記すべての条件を満たしたお客様にPontaポイント3,000ポイントプレゼント
プレゼントの付与時期 上記のすべての条件を満たした月の、翌々月末までにプレゼントいたします。
(PontaポイントについてはSHIMIZU With Cardに付与いたします。)
ご注意点 口座開設のお手続きには、期間を要する場合がございます。
対象期間の締切間際でのお申込みの際はご注意ください。

ご不明な点は当行インターネット支店( 0120-43298-3 )までお問い合わせください。

投資信託に関するご留意事項

投資信託取引にあたっては、所定の手数料等がかかります。
(申込手数料は基準価額に対して最大4.32%(税込)、信託報酬は純資産総額に対して最大3.5788%程度(税込)、信託財産留保額は買付時の基準価額に対して最大0.6%、換金時の基準価額に対して最大3.5%(非課税)。また、運用成績に応じた成功報酬やその他の費用を間接的にご負担いただく場合があります)。
外貨建MMFの購入にあたっては、ご負担いただく手数料はございませんが、購入に伴う為替取引には所定の為替手数料がかかります。
投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。
投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより損失が生じるおそれがあります。
詳しくは、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は目論見書(目論見書補完書面)等をご確認ください。

[金融商品取引法に係る表示]
https://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/home/pop6040_torihikihou.html
※同じ投資信託でも当行の店頭での取扱と、各委託金融商品取引業者による取扱とでは手数料等が異なる場合があります。

口座開設時の注意点

※当行HPから途中で×ボタンを押さずに、右記①②③の流れで口座開設を完了してください。

口座開設の流れ
  • SBI証券の口座開設(口座開設料・管理料 無料)はこちら
  • 清水銀行の問い合わせ窓口 清水みなとインターネット支店 0120-43289-3清水銀行の問い合わせ窓口 清水みなとインターネット支店 0120-43289-3

その他個別商品等についてのお問い合わせ先

SBI証券コールセンター 0120-104-214(年末年始を除く平日の9:00~17:00)
携帯電話・PHSのお客様はナビダイヤルをご利用ください。0570-550-104
(ナビダイヤルは携帯電話・PHSから20秒10円(税抜)の通信料がかかります。)

SBI証券はココがすごい!

SBI証券とは、国内最大手のオンライン総合証券です。
国内オンライン証券で唯一350万口座を突破しているほか、
預かり資産残高も10兆円を超えており、充実したラインナップでお客様のニーズにお応えします。

SBI証券はココがすごい!

特徴1 SBI証券はネット証券総合評価No1!

オリコン顧客満足度ランキング 2016年度 ネット証券会社部門 第1位

数多くのお客様に支持されている証として、
第三者による評価でも最高の評価をいただいています。

特徴2 SBI証券は業界屈指の格安水準!

お客様の取引スタイルに応じて、
業界最低水準の2つの手数料プランがお選びいただけます。

  • 1注文の約定代金に対して手数料がかかる『スタンダードプラン』
  • 1日の約定代金の合計額に対して手数料がかかる『アクティブプラン』
手数料一覧はこちら

特徴3 SBI証券は豊富な投資信託をラインナップ

取扱投信本数2,481本!ノーロード投信本数1,120本!

購入手数料0円のファンドも1,120本を取り揃えており、ニーズに合ったお取引が可能です。

※募集中のファンド・外貨建MMFを含む
(2017/3/22現在)

特徴4 SBI証券は業界随一のマーケット情報、高機能なトレーディングツールを提供します

業界随一のマーケット情報

リアルタイム株価、チャート、株主優待検索、四季報情報など豊富な投資情報が無料で簡単にチェックできます。

高機能なトレーディングツール

情報収集から注文発注まで一貫してサポートする強力なトレーディングツールを提供します。

※比較対象範囲は、主要ネット証券5社との比較となります。
「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します。
(2016年12月末現在、各社公表資料等より、SBI証券調べ)

3つの簡単口座開設方法

1. オンラインでの口座開設(EXPRESS口座開設)

オンラインでの口座開設(EXPRESS口座開設) オンラインでの口座開設(EXPRESS口座開設)

2. 郵送での口座開設

郵送での口座開設 郵送での口座開設

3. 印刷&郵送での口座開設

印刷&郵送での口座開設 印刷&郵送での口座開設

3つのいずれかの方法でお申し込みが可能です。
お申し込み後、ご本人様の確認に必要な「本人確認書類」およびマイナンバーを確認できる「個人番号記載書類」をSBI証券にご提出していただく必要がございます。(※清水銀行は個人番号記載書類を取得いたしません。)
お取引を開始する際には、初期設定が必要となります。

詳しくは、清水みなとインターネット支店 0120-43289-3 またはSBI証券HPをご確認ください。

  • SBI証券の口座開設(口座開設料・管理料 無料)はこちら
  • 清水銀行の問い合わせ窓口 清水みなとインターネット支店 0120-43289-3清水銀行の問い合わせ窓口 清水みなとインターネット支店 0120-43289-3

その他個別商品等についてのお問い合わせ先

SBI証券コールセンター 0120-104-214(年末年始を除く平日の9:00~17:00)
携帯電話・PHSのお客様はナビダイヤルをご利用ください。0570-550-104
(ナビダイヤルは携帯電話・PHSから20秒10円(税抜)の通信料がかかります。)

よくあるご質問

証券口座の開設にはどのくらいの時間がかかりますか?
口座開設申込の方法によって異なります。申込の方法は、大きく分けて3つあります。
(①オンラインでの口座開設、②郵送による口座開設、③書類印刷と郵送での口座開設)
①オンラインでの口座開設<EXPRESS口座開設>でお申込みいただければ、最短1営業日後にはお取引が可能です。
②③郵送での口座開設の場合、口座開設申込書をご返送いただいてから口座開設までに10日程度お時間を要します。
口座開設を申し込む際の必要書類を教えてください。
  • 個人番号カードをお持ちのお客様
    個人番号カードのコピーをお手元にご用意し、口座開設申込を行ってください。
    (両面の届出が必要です。郵送の場合はコピーをご用意ください。)
  • 個人番号カードをお持ちでないお客様(いずれかの書類をご用意ください)
    通知カードのコピー+顔写真付き本人確認1種類をご用意し、口座開設申込を行ってください。
    提出書類についての注意点
    通知カードのコピー 名前、生年月日、住所が確認できること
    コピーの四隅が欠けていないこと
    白黒(モノクロ)コピーであること
    運転免許証のコピー 有効期限年月日をご確認ください。
    住所を変更された場合、変更履歴が記載された裏面のコピーも必要です。
    公安委員会の印がはっきり写るようにコピーしてください。
    住民基本台帳カード(写真付き)のコピー 有効期限年月日をご確認ください。
    氏名、住所を変更された場合、変更履歴が記載された裏面のコピーも必要です。
    在留カードのコピー
    特別永住者証明書のコピー
    有効期限年月日をご確認ください。
    氏名、住所を変更された場合、変更履歴が記載された裏面のコピーも必要です。
    通知カードのコピー+顔写真なし本人確認書類2種類をご用意し、口座開設申込を行ってください。
    提出書類についての注意点
    通知カードのコピー 名前、生年月日、住所が確認できること
    コピーの四隅が欠けていないこと
    白黒(モノクロ)コピーであること
    各種健康保険証のコピー 有効期限年月日の記載がある場合は、年月日をご確認ください。
    住所及び生年月日が記載されていることが必要です。
    各種年金手帳のコピー 年金の名称、住所、氏名、生年月日が記載されていることが必要です。
    上記項目が変更された場合は、変更日付が記載されていることが必要です。
    平成9年以降の年金手帳は住所の記載がないため、受理できません。
    印鑑登録証明書
    戸籍抄本
    住民票の写し
    発行後6ヶ月以内が有効期限です。
    発行印、発行日が記載されていることが必要です。
    複数枚ある場合は、すべてのページが必要です。
口座開設に費用はかかりますか?また年間の口座管理手数料はかかりますか?
口座開設および管理に係る費用はありません。
SBI証券への入金はどのように行えばいいですか?
①振込による入金、②ATMからの入金、③即時入金機能を使用した入金(システム連携している金融機関のみで取引可能)、④ゆうちょ銀行を利用したゆうちょ銀行振替入金、の4つの方法がございます。
詳しくはSBI証券HPをご覧ください(http://faq.sbisec.co.jp/faq_detail.html?category=&page=1&id=10794)
普段お使いの金融機関口座に応じてご利用ください。
SBI証券口座からの出金はどのように行えばいいですか?
金融機関へのお振込み、またはATMからの出金で行えます。

  • 金融機関へのお振込み手数料
    SBI証券HPから行えます。手数料は無料です。
  • ATMからの出金手数料(取引可能時間帯については、SBI証券HPでご確認ください。)
  • 清水銀行の役割 清水銀行の役割
未成年でも申込できますか?
当行では未成年での申込の仲介はしておりません。
詳細についてはSBI証券カスタマーセンターへお問い合わせください。

金融商品仲介業について

金融商品仲介業とは、金融商品取引業者等の委託を受けて、「有価証券の売買等の媒介」や「有価証券の募集もしくは売出しの取扱い」などを行うものです。
清水銀行では、金融商品仲介業務を行う登録金融機関として、お客さまと委託金融商品取引業者であるSBI証券との間に立ち、「SBI証券の証券口座開設申込のご案内」および「SBI証券の取扱う各種金融商品についてのご案内」を行います。
※当行が金融商品仲介でご案内する各種商品等やサービスは、SBI証券が提供するものです。
お客さまとSBI証券とのお取引きは、SBI証券のWEBサイト上で行っていただきます。

SBI証券コールセンター 0120-104-214(年末年始を除く平日の9:00~17:00)
携帯電話・PHSのお客様はナビダイヤルをご利用ください。0570-550-104
(ナビダイヤルは携帯電話・PHSから20秒10円(税抜)の通信料がかかります。)

清水銀行の役割 清水銀行の役割

ご注意事項

SBI証券との金融商品仲介業務に関するご留意事項

  • 当行は、金融商品仲介において、SBI証券の証券口座開設申込みの受付およびSBI証券の取扱う各種金融商品とそのお取引に関するご案内を行います。
    当行WEBサイトからのお申込み後、SBI証券で所定のお手続きが完了し、お客さまの証券口座が開設されますとお取引を開始することができます。
  • 当行は、SBI証券より取得するお客さまの証券口座情報(SBI証券とのお取引に関する情報を含む。)や投資経験情報等を、別途、当行WEBサイト上に掲示して公表する当行の「個人情報保護方針」および「個人情報のお取扱いについて」に基づき取扱います。
  • 20歳未満のお客さまおよびSBI証券にすでに証券口座をお持ちのお客さまは、SBI証券の証券口座開設をお申込みいただくことができません。

金融商品仲介業務に関するご注意事項

  • 当行は、金融商品仲介を行う登録金融機関として、株式会社SBI証券、大和証券株式会社を委託金融商品取引業者として金融商品仲介を行っています。
    各委託金融商品取引業者により、お取引方法・取扱商品・サービス・手数料等が異なります。
  • 金融商品仲介における金融商品等は、預金ではなく預金保険制度の対象ではありません。また、当行が元本を保証する商品ではありません。
  • ご購入いただいた金融商品等は各委託金融商品取引業者に開設された口座でお預かりのうえ、各委託金融商品取引業者の資産とは分別して保管されますので、委託金融商品取引業者が破たんした際にも委託金融商品取引業者の整理・処分等に流用されることはなく、原則として全額保全されます。
    万一、委託金融商品取引業者が破たんした際に、分別管理に不備がありお客さまの資産を返還できなくなった場合「投資者保護基金」によりお客さま1名あたり1,000万円まで補償されます。
  • 当行は各委託金融商品取引業者とは別法人であり、金融商品仲介のご利用にあたっては、各委託金融商品取引業者の証券口座の開設が必要です。
    (金融商品仲介の口座開設をお申し込みいただくと、お取引口座は各委託金融商品取引業者に開設されます)。
  • 当行には委託金融商品取引業者とお客さまとの契約締結に関する代理権はありません。
    従って、委託金融商品取引業者とお客さまとの間の契約の締結権はありません。
  • 当行において金融商品仲介取引をされるか否かが、お客さまと当行の預金・融資等他のお取引に影響を与えることはありません。
    また、当行での預金・融資等のお取引内容が金融商品仲介に影響を与えることはありません。
  • 当行が登録金融機関としてご案内する金融商品仲介における金融商品等やサービスは、各委託金融商品取引業者によるものであり、当行が提供するものではありません。
  • 金融商品仲介における金融商品等は、金利・為替・株式相場等の変動や、有価証券の発行者の業務または財産の状況の変化等により価格が変動し、損失を生じるおそれがあります。
  • お取引に際しては、手数料等がかかる場合があります。
    手数料等は商品・銘柄・取引金額・取引方法等により異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。
  • 同じ投資信託でも当行の店頭での取扱と、各委託金融商品取引業者による取扱とでは手数料等が異なる場合があります。
  • 各金融商品等のリスクおよび手数料等の情報の詳細および最良執行方針については、各委託金融商品取引業者ホームページ等にてご確認ください。
  • 各金融商品等のお取引に際しては、各委託金融商品取引業者より交付される契約締結前交付書面、目論見書または約款等の内容を必ずご確認のうえ、投資判断はご自身でされるようお願い申し上げます。

[金融商品仲介業務をおこなう登録金融機関]
商号等:株式会社清水銀行 登録金融機関:東海財務局長(登金)第6号 加入協会:日本証券業協会

[委託金融商品取引業者]
商号等:株式会社SBI証券 金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第44号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会
商号等:大和証券株式会社 金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第108号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会